本文へ移動

リハビリセンターあゆみ

訪問リハビリ通信【ヒートショックについて】

2021-12-27

皆様こんにちは!
訪問リハビリ通信です。

 
だんだんと寒さが厳しくなっていますね
今回は冬場に多発する「ヒートショック」についてお知らせしたいと思います。 


「ヒートショック」とは、急激な温度差によって血圧が上下し、
心筋梗塞脳梗塞めまい失神などの症状が現れることです。 

めまいや失神により転倒したり、お風呂でおぼれてしまうことも…。 


<起こりやすい場所>
 ・お風呂場、洗面所 
 ・トイレ お部屋との温度差が10℃以上あると要注意です‼ 


 こんな人は「ヒートショック」に注意! 
 ・高齢の方(特に75歳以上) 
 ・高血圧、糖尿病などの持病がある
 ・飲酒後や食事直後の入浴習慣がある
 ・熱いお風呂(42℃以上)が好き
 ・お風呂やトイレに暖房がなく、寒い 


「ヒートショック」を起こさないために
 ・部屋間の温度差を少なくする
脱衣所やトイレに小型のヒーターを置く、お湯を張った浴槽のふたを開けておくなど
 ・食後は1時間以上空けてから入浴する 
 ・お風呂の前後に水分補給

    
生活環境をちょっと改善して「ヒートショック」を予防し、
寒い冬も元気に過ごしましょう!



TOPへ戻る