本文へ移動

地域密着型小規模多機能型居宅介護しんぐう

利用者様の手作りマスクケース☆

2021-07-12
新型コロナウイルスの猛威は衰えることなく、
感染者は滋賀県内にも出ていますね。
まだまだ予断を許されない状況が続いています

マスク社会とも言われていますが、食事やお茶をする時など
マスクを外す場面
がありますね。
その際、「外したマスクはどこに置いたらいいんだろう…?
困ることもあると思います。

しんぐうでは、裁縫が得意なご利用者様が余った布を使って
マスクケースを
作って下さいました
!!

ミシンを使っての作業で、布の端を縫い合わせることが意外と
細かく難しそう…。
慣れた手つきでカタカタとミシンを進めていく利用者様の
手さばき
に、思わず「すごい…。」と声を漏らしてしまいました

柄は全部で3種類!
マスクの形に合わせたケースにマジックテープを付けたら
完成です

しんぐうのご利用者様全員にプレゼントさせて頂きました
みなさん、様々な柄の可愛らしいマスクケースに大変喜ばれ、
愛用されています

素敵なマスクケースをありがとうございました!

作って頂いたマスクケースを活用しながら、コロナ禍を乗り切りましょう…!!
TOPへ戻る